幼い頃に運動しておくべき?

親が何かしらのスポーツに関わっていると、自然と親の考えが子供にも影響を与えます。

 

運動することが特別でなく日常の生活の一部としてなれば、とても幸いな事ではないでしょうか。やる事、見る事が楽しくなりますよね。

 

幼い頃に運動、スポーツに親しむ事で、いろんな事に興味が湧き、向上心が芽生えていきます。自分の将来的な夢を持つ事も出来ると思います。

 

運動が成長に関わる影響とは

そして、子供の頃の運動は成長に様々な影響を与えます。子供は、運動すれば、身体をたくさん動かす事で、エネルギーを使い、お腹も空きますし、質の良い睡眠もとれます。これは成長の段階で大切な事。

 

早く寝る事は、学校へ行っても、しっかり授業が聞けて理解ができますし、元気に運動する事も出来ます。

 

やがて中学生になった時に、幼い頃からの運動に対してのベースがあれば、野外クラブに入っても、スムーズに対応が可能に。

 

中学生ともなれば、勉強との両立になりますが、メリハリがついて、勉強する時はする。クラブやる時は一生懸命打ち込むことが出来ると思います。

 

普段ゲームなどばかりで外に出なかった子供が中学生になって、いきなり運動を始めたとするなら、なかなか厳しいものがありますよね。

 

幼い頃から、親しみ、身体で感じ目で見る事がいかに子供の成長の上で影響があるか分かると思います。いかに親が運動についての気持ちがあるか、ないかで、子供の成長にもかなりの影響を与えるのではないでしょうか。

 

クラブに入るのもオススメ

各県、市町には、総合型クラブというものがあります。まだまだ認知は、低いとされていますが、老若男女とわずして、生涯スポーツとして大いに活用すべきものになります。

 

子供からおじいちゃん、おばあちゃんまでもが楽しめる運動が幾つかあります。親から子供へと伝えて、身体の成長だけでなく、たくさんの人と出会う事で、また多くの事が学べますし、心の大きな成長にもつながります。

 

なかなか人との繋がりがなくコミュニケーションさえ上手く取れない部分が増えています。それは大人にもなってからすぐに出来るものではないので、幼い頃から積み上げていく事が大切です。

子供の身長を伸ばしたい【豊富な栄養バランスが成長のカギ!?】