思春期前の子供の身長を高くする方法とは

子供の身長をもう少し高くしてあげたいと思う親御さんは多いものです。

 

では、実際に子供の身長を伸ばす方法はあるのでしょうか。昔から日本では牛乳を飲むと身長が伸びると言われていきました。牛乳にはたくさんのカルシウムが含まれているからですね。

 

これはあながち間違いでは無いのですが、カルシウムだけでは十分とは言えません

 

マグネシウムが必要

カルシウムが骨を強くするためには、マグネシウムが必要となります。牛乳等のカルシウムを摂取する際には、合わせてのりやひじき等のマグネシウムを多く含む食品を一緒に摂るようにしましょう。

 

丈夫な骨は、背を伸ばすだけでなく怪我をしにくい体作りの役割もしてくれますよ。ただ身長を伸ばすためには、より多く摂るべき栄養素があります。それは、たんぱく質です。たんぱく質は体の肉や血、臓器などを作り出す役割をします。

 

たんぱく質といえば肉や魚を連想しがちですが、豆腐や納豆等も立派なたんぱく質。動物性か植物性かにこだわらず、満遍なく色々な食品を摂るといいですね。

 

カロリーオーバーに気をつけろ

気を付けたいのは、カロリーオーバー。たんぱく質にしろカルシウムにしろ、カロリーを摂りすぎることはよくありません。

 

勿論子供ですからダイエットする必要は全く無いのですが、カロリー過多の生活を繰り返し肥満体になると、思春期を早く迎える可能性が高くなります。

 

つまり、精通や初潮が早く来てしまうということです。これも身長を伸ばすためにはあまりいい影響ではありません。なぜなら思春期を迎えるまでが子供の身長はより伸びやすいと考えられているからです。

 

身長がぐんぐん伸びる期間を最大に生かすためには、高たんぱく質低カロリーの食品を心掛けるといいでしょう。以上は主に食事について身長を伸ばすためのアドバイスになりますが、運動も大事です。

 

食事によって作り上げられた体をしっかりと動かすことで、より身長は伸びます。

 

鉄棒やバレーボール等体を伸ばす動きを取り入れている運動が理想的ですが、一つのスポーツに限らず、外で太陽の光を浴びておもいきり体を動かすことが大切と言えますね。

子供の身長を伸ばしたい【豊富な栄養バランスが成長のカギ!?】